腰痛症について

腰痛は、男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状で、その数は増加傾向にあります。(厚生労働省 平成25年国民生活基礎調査)
腰痛は大まかに慢性的な腰痛と急性的な腰痛(ギックリ腰)に分かれ、原因も骨、筋肉や筋膜、神経、外傷によるものなど多種多様なものです。

ご高齢の方に多いのは慢性的な腰痛の方です。
慢性腰痛では、長時間歩いたり座ったりすると痛む、重だるく感じる、常に痛むなどの症状が見られます。

腰痛症がどのようなものなのか?
鍼灸師がどのように関わっていくことが出来るのか?
についてご紹介します。

腰痛症って何?

腰痛症は、「腰痛症」という名前の病気や怪我という訳ではなく、腰の痛み全般のことです。
具体的に言うと、「下肢痛などの神経症状を伴わない腰痛の内、特に原因となる器質的な病変が認められないもの」というのが腰痛症の定義です。

腰痛のうち原因が特定出来るものは15%程度といわれています。
代表的なものは、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがありますが、その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。

ご高齢の方で多く見られるのは、加齢や運動不足などで骨が脆くなってしまう「骨粗しょう症」をお持ちの方が、圧迫骨折を起こしたことに由来する腰痛です。
「腰の痛みが続くので検査をしたら、圧迫骨折を起こしていて、その時に初めて骨粗しょう症だとわかった。」という方も少なくありません。

一方、残りの約85%は、レントゲンなどの検査をしても原因がはっきりと特定出来ないものだと言われています。
その為、一般的に「腰痛」と呼ばれているもののほとんどは=腰痛症と言えます。

腰痛症の症状って?

腰痛の症状は、文字通りですが“腰の痛み”です。
しかし、腰痛の原因は様々で、原因に応じて腰の痛み方も少しずつ異なります。
代表的なものをいくつかご紹介すると、

  • 腰が重い、痛みがある
  • 腰に激しい痛みがある
  • 起床時や疲れたときに腰が痛い
  • 腰からふくらはぎにかけて痛い、しびれる
  • 安静にしていると楽、或いは安静にしていても痛い

などがあります。
同じ原因の腰痛でも患者さんによって痛み方は異なるので、この痛みだからこの原因だと一概に断定することは困難です。

腰痛症の治療は?

鍼灸治療では主に腰周囲の筋肉の緊張緩和、柔軟性向上を目的とします。
腰周囲の筋肉の緊張を和らげ、血流を改善することで痛みの原因となる物質の除去を促します。
また、柔軟性を向上させることで、日常生活での動作の改善をはかっていきます。

ですが、腰痛だからと言って、原因部分が必ず腰にあるとは限りません。
肩や背中、お尻などから腰痛を発症・悪化させている場合もありますので、必要に応じて腰以外の部位にも施術や歩行訓練などのリハビリも実施していきます。

痛みがあるので安静にしていようと意識しすぎると、心身の活動が消極的になり、痛みによる緊張や不安感から不眠などの精神面の症状が出てくるケースもありますので、心身併せた全体的なケアも行っていきますので、お気軽にご相談ください。