レビー小体型認知症

今回はレビー小体型認知症とはどんなものか?

鍼灸師がどのように関わっていくことができるのか?

などなどをご紹介します。

レビー小体型認知症とは

レビー小体型認知症は、認知症の20%を占めています。アルツハイマー型に次いで多いことになります。また、男性の発症率が多く女性に比べ約2倍と言われています。

レビー小体という特殊なたんぱく質が神経細胞にできることで起こります。このレビー小体が脳の大脳皮質や、脳幹にたくさん集まっています。レビー小体が多く集まっているところでは、神経細胞が壊れて減少しているため、神経伝達がうまく起こらず認知症の症状が発生します。

認知症と言えば物忘れというイメージが強くありますが、このレビー小体型では、幻視が見みられるケースが多くあります。

レビー小体型認知症の症状

①幻視

「家の中に知らない人がいる」、「子供や家族が帰ってきている」、「部屋の中に動物がいる」などと訴えたり、その場所に向かって話しかけたりすることもあります。
レビー小体型認知症の場合、初期段階から物忘れよりも本格的な幻視が見られることが多くあります。

②認知機能の変動

家族を赤の他人と間違える(人を正しく判断できなくなる)、自宅なのにトイレや自室の場所を思い出させなくなる(場所を正しく判断できなくなる)、真冬なのに今が夏であるように季節がわからない(時間を正しく判断できなくなる)。

これらの認識の誤りで、それまで当然のようにできていたことができなくなる。症状が進行すると、間違った認識で行動するようになり思い込みが激しくなります。

③パーキンソン症状

主に筋肉がこわばり、手や指の震え、動作緩慢になります。この症状が重くなると、身体のバランスを取る事が難しくなっていきます。パーキンソン病と間違われるほど、類似した症状が出てきます。

④うつ症状

初期段階から、うつの様な症状がみられることが多くあります。なんだか元気がない、食欲がないなどの訴えがみられます。

⑤レム睡眠行動障害

睡眠中の異常行動で、寝ている時に暴れたり大声を出したりする事もあります。健康な人はレム睡眠時、骨格筋の緊張は抑えられているため、夢を見ながら行動することはありません。しかし、レム睡眠行動障害の方は骨格筋の緊張の抑制が障害され夢を見ながら身体が動くことがあります。

レビー小体型認知症の経過

アルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型の中でも、レビー小体型認知症は進行が速いと言われており、発症からの全経過が10年未満とされています。

症状は様々ですが、幻視、認知機能の動揺、パーキンソン症状をレビー小体型認知症の「3徴候」と呼んでいます。

症状や進行は個人差が大きくあり、対処の方法で進行を遅らせることができると考えられています。

初期

初期症状としては、うつ症状、嗅覚異常、便秘などの症状と共に3徴候(幻視、認知機能の変動、パーキンソン症状)が現れます。ただし、この時期では認知機能が保たれている時間が長く、見当識や理解力も保たれておりコミュニケーションにもあまり問題ありません。

物忘れなどは軽く、目立つことは多くありません。しかし幻視の症状は増えてきます。

中期

パーキンソン症状や認知障害が悪化し、日常生活が困難になります。また、認知機能が悪い時間帯が多くなります。

周囲の人とのコミュニケーションがとりにくい時間、記憶の悪い時間が増えます。幻視や妄想などが増え、日常生活上での介護が必要になってきます。

後期

パーキンソン症状の悪化、認知機能の低下が進み日常生活で常に介護が必要になります。自力歩行が不可能になり、歩行器や車椅子を必要とします。

レビー小体型認知症の原因

レビー小体型認知症は、脳に現れるレビー小体というたんぱく質の発生が原因とされています。このレビー小体は、パーキンソン病の人の脳にも確認されます。

レビー小体がなぜ蓄積するかは現在わかっていませんが、レビー小体が大脳皮質に蓄積すればレビー小体型認知症、脳幹の中脳に蓄積すればパーキンソン病の発生につながっています。

レビー小体型認知症の主な治療法

・認知機能への治療

以前はアルツハイマー型認知症の治療薬であった「アリセプト」が、2014年にレビー小体型認知症に関する効果効能の承認を取得しました。

脳のアセチルコリン濃度を高め、認知機能を改善することで、症状の進行を遅らせます。

・幻視、妄想への治療

幻視を否定せず話を合わせる、動作遅延などへの介助などの周辺環境の改善により症状の改善の可能性もあります。

また、抑肝散という漢方薬は副作用も少なく幻視や妄想などの症状軽減に有効と言われています。

・パーキンソン症状の治療

パーキンソン症状がある場合はレボドパなどの薬を使用します。また、リハビリなどの運動療法も薬と同じくらい重要になり。

レビー小体型認知症に対して鍼灸師ができること

レビー小体型認知症ではパーキンソン症状などの筋緊張などが多くあります。また、幻視などにより精神的な興奮状態、うつ状態に陥ることもあります。鍼灸では筋肉の調整や自律神経の調整も同時に行うことができます。

この病気は発症からの症状の進行経過が早いと言われています。できるだき早く病気を発見し、治療を始めることが大切です。

利用者様の声

80歳代女性

レビー小体型認知症によるパーキンソン症状により自力での歩行が不可能。両手を引いての歩行は可能だが、左右に偏って歩く。また、就寝中に突然起き上がるレム睡眠行動障害あり。

(入居施設の介護スタッフさんより)

寝ている時に急に起き上がったりしていたが、施術を受けた日は夜間の起き上がりが少ないような気がする。便通のサイクルが早くなった。

(ご家族より)

以前よりも訪問時の表情が豊かにみえる。もっと早く相談すればよかった。

具体的な施術内容

手足やお腹などへの鍼灸施術により、筋肉の緊張を緩和させ、便秘の改善や精神的ストレスの軽減を目的に施術します。

パーキンソン症状が軽度な方は、関節や筋肉の柔軟性の維持と改善できるように施術を組み立てます。また、下肢筋力の維持のために歩行訓練や椅子を使った運動を取り入れリハビリ的な要素が多くなる時もあります。

症状が進行しており、ベッド上での生活が長い方へは、手足の関節の可動性の改善に努め衣服の着脱や移乗動作などが少しでも楽になるよう施術を行うこともあります。

私たちあすなろ在宅治療院の施術は、1人1人に合わせた施術を心がけております。

このページで出したレビー小体型認知症の症状は、一部に過ぎませんので、その他お困りの症状がある際は遠慮なく当院へご相談ください。