神経痛について

神経痛は名前の通り、神経系と深く関わっています。
神経系とは身体の情報伝達を担う組織で、「中枢神経」「末梢神経」の2つに分類されます。

末梢神経には、血圧・体温の調節や臓器の働きを調整する「自律神経」、全身の筋肉を動かす「運動神経」、そして痛みや五感を伝える「感覚神経」があります。
他にも、末梢神経は中枢神経に情報を送ったり、中枢神経から情報を受け取ったりする役割があります。

今回は、神経痛はどの神経が関係しているのか?
神経痛にはどのような症状があるのか?
鍼灸師が神経痛の治療にどのように関わっていくことが出来るのか?
などをご紹介していきたいと思います。

神経痛とは?

神経痛は痛みが起こる場所ごとに、それぞれ名前がつけられます。
今回は、神経痛の中でも代表的なものを、いくつかご紹介したいと思います。

坐骨神経痛

坐骨神経は、腰から始まってお尻から太ももの後ろ側、ふくらはぎにかけて通る神経です。
原因にもよりますが、左右の片側に症状が出る場合が殆どで、鋭く電気が走ったような痛みがあり、身体を動かした時に痛むことが多いです。
坐骨神経痛の原因は多くの場合は腰椎椎間板ヘルニア(後述)です。坐骨神経の神経根がヘルニアに触れ、腰を動かすたびに刺激を受けて痛みを感じる。
他にも変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などが原因の場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニアは、腰の部分にヘルニアが起きることで、坐骨神経を圧迫してしまい腰やお尻から下肢にかけてしびれや痛みが広がる「坐骨神経痛」が生じることが多いです。

肋間神経痛

肋間神経は背中から胸にかけて通る神経です。
左右の片側に症状が出る場合が殆どで、突然ズキッとした鋭い痛みが走ります。
大声を出したり深呼吸をしたりなど、肋骨が動くときに痛みが酷くなることが特徴です。
身体の歪みや椎間板ヘルニア、事故による骨折などが原因で、あばら骨の間にある肋間神経が圧迫・刺激されて痛みが起こる。
ウイルス感染が原因になることや、骨粗しょう症、なんらかの内臓疾患で痛みが生じることもある。

三叉神経痛

三叉神経は名前の通り、脳から大きく三本に分かれていく神経で目の周りや奥、額、頬、顎など顔面の周囲を通る神経です。
左右の片側に症状が出る場合が殆どで、チクチク、ズキズキ、と表現する突き刺されたような鋭い痛みがします。
突然激痛が走ることもありますが、食事や歯磨き、冷たい風に当たった時に痛むこともあるのが特徴です。
血管が神経を圧迫することで起きていると考えられていますが、原因不明な場合もあり、疲れやストレスによる自律神経の乱れが関与しているとも言われています。
まれに脳腫瘍や脳動脈瘤の異常からくる場合もあるので、症状の程度によっては医療機関の受診をお願いすることもあります。

帯状疱疹後神経痛

子供の頃に「水疱瘡(みずぼうそう)」にかかった経験はありませんか?
実は水疱瘡にかかった後もウイルスは神経節の中に潜伏していて、疲労やストレスなどで身体の免疫力が低下した時にウイルスが再び活性化し、皮膚に帯状の水ぶくれが現れ、痛みを伴う病気のことを「帯状疱疹」と言います。

皮膚の症状や痛みは、しばらくすれば自然と治る場合が殆どですが、症状が長引いたり、ご高齢であったりした場合、ピリピリ、ズキズキ、チカチカとした痛みが残ることがあります。これを「帯状疱疹後神経痛」といい、1ヶ月~半年以上続く人もいます。
後遺症予防の為にも、帯状疱疹が疑われるような発疹や痛みが出たら、すぐに皮膚科を受診することをおすすめします。

特発性神経痛

特発性神経痛とは、診察や画像検査を行っても、痛みの原因となっている病気が見つからない神経痛です。
舌咽神経痛、上腕神経痛、後頭神経痛などが分類されますが、三叉神経痛もこちらに分類されことがあります。
原因不明ではありますが、冷えやストレスとの何らかの関係があるのではないかと言われています。

神経痛の治療は?

神経痛の治療の際に重要なのは如何にして心身の緊張を和らげることか、だと考えます。
診察や画像診断などで原因が判明している症候性神経痛は、原因疾患の根本的治療を行いながら痛みをとっていきますが、特発性神経痛の場合は痛みそのものをコントロールしていく治療方針となります。

鍼灸治療の場合は刺激によって筋肉へ流れる血液量を増加させることで、筋肉の過緊張によって圧迫されていた神経への刺激が和らげ、患部に集中した発痛物質を流すことで、痛みを緩和させていきます。
痛みが長期化してくると全身に力が入りっぱなしの興奮状態が続くので、患部以外の筋肉の過緊張や精神面でも不安定になっている場合があるので、患部以外にも心身共に総合的なケアが必要になります。