訪問マッサージについて

現在日本において、医療費の増大はニュースなどでもよく見かける話題ですね。
高齢化による医療費の増大はよく挙げられますが、医療技術の進歩によって開発された新薬の公費負担も原因のひとつだと言われています。

そんな中で、「健康寿命を伸ばすこと」や「予防医療・介護」の概念が重要視されるようになってきました。
そのため、病院や施設などでの身体の機能回復だけでなく、暮らしの中(在宅)でこれ以上悪化させない(予防・維持する)治療の必要性が出てきたのです。
今回は、

  • 訪問マッサージとは?
  • 訪問マッサージでは何をするのか?
  • 訪問マッサージを利用できる方はどんな方なのか?
  • 訪問マッサージを利用するには?
  • 訪問マッサージはどんな方にオススメなのか?

以上について説明していきたいと思います。

訪問マッサージとは?

「寝たきり」や「歩行困難」等で通院してマッサージ治療を受ける事が困難な患者様が、医療保険を使ってご自宅や施設等で受けられる訪問治療です。
一律診断名によることなく、筋麻痺・関節拘縮等があり、医療上マッサージを必要とする症状(痛み・浮腫・機能低下など)に対して、その改善や機能回復を目的として、あん摩マッサージ指圧師の方が、医師の同意の上で行います。

訪問マッサージでは何をするの?

歩行困難や寝たきりの状態になった方は、健常時に比べると運動量が格段に減少します。
運動量が落ちることによって、筋肉へ充分な栄養が届けられなくなります。
筋肉は痩せていき、やがては筋の萎縮が起きてしまいます。
萎縮し筋の弾力がなくなると、そこに付着する関節の可動制限が起き、やがて関節が固まってきます(関節拘縮)。

運動をすると筋肉の収縮が促され、筋肉の収縮により、血管・リンパ管が刺激され、血液・リンパ液の循環が促進されます(筋ポンプ作用)。
あん摩マッサージ指圧師は手技・関節運動法(関節可動域訓練)を行うことによって筋の弾力性を保ち、血液・リンパの循環改善を促していきます。

関節拘縮の予防につながるほか、運動法を用い自動・他動的に運動をさせることで、残存機能の改善もしくは維持にも効果があります。

訪問マッサージの対象者は?

訪問マッサージは健康保険が適用されますが、健康保険を使って訪問マッサージを受ける場合には、いくつか決まりがあります。

1.医師の同意を得ていること

訪問マッサージの保険適応には、医師の同意書が必要になります。
健康保険の対象となるものは、診断名での治療ではなく、症状による治療ですので、

  • 1.「筋麻痺」
  • 2.「関節拘縮」

が認められる状態です。
具体的には骨折や手術後の障害や脳血管障害、例えば脳梗塞などの後遺症などが対象です。
関節が硬くて動かない、又は動きが悪い、筋肉が麻痺して、自由に動けない等も健康保険の対象になります。

具体的な病名や症状に関しては下記からご確認頂けますと幸いです。

2.自力で近くの治療院まで通うことができない正当な理由がある

健康保険を使用して鍼灸治療を受診いただく場合には、「医師の同意書」が必要となります。
よって、かかりつけ医師に同意書の記入をお願いしていただくことになります。
治療院より同意書をお渡しして、かかりつけ医への受診をお願いするケースが多いです。

尚、健康保険を利用したマッサージは制度上、3ヶ月毎に医師の同意書が必要となります。
健康保険を利用した鍼灸治療と少し異なる点は、病院での治療と合わせて訪問マッサージを行った場合も保険適用となります。
他のサービスや治療を受けられている方で不安に思われた場合は、遠慮なくご相談ください。

訪問マッサージはどんな方にオススメ?

これまで訪問マッサージについて詳しくお話ししましたが、記事を読まれて「自分(家族)の場合は訪問鍼灸をしてもいいの?」と迷われる方もいらっしゃるかも知れませんね。
筆者の独断ではありますが、ご自身やご家族の方が下記に当てはまる場合は当院へ、一度ご相談してみては如何でしょうか?

  • 自分はどんな治療を行えばよいかわからない。
  • 筋力が低下して歩くことに不安がある。
  • 関節の動きが悪くなってきた。
  • 日常生活に対して不安な部分がある。
  • 脳梗塞や脳出血などの後遺症で麻痺や拘縮がある。
  • 介護保険の利用限度額が心配。
  • 病院の治療と併用して他にも治療が受けたい。