五十肩について

皆さんは、「五十肩」は江戸時代の文献にも登場するほど古くから知られた病気だとご存知でしょうか?
「五十肩」という言葉は、江戸時代の俗語の辞書に記載されたのが最初だと言われています。

「凡、人五十歳ばかりのとき、手腕骨筋痛むことあり、程過ぐれば薬せずして癒ゆるものなり、俗にこれを五十腕とも五十肩ともいふ。また長命病といふ。」

当時江戸時代の平均寿命は40歳前後。
「五十肩」は長寿病と言われていました。
今回は五十肩とは何か?そしてその治療法に触れていきましょう。

五十肩(四十肩)とは?

肩関節周辺の組織に変性が起こり、生じた炎症によって痛みが起こる「肩関節周囲炎」のことです。
40代以降の中高年に発症することが多く、一般的に五十肩(四十肩)といいます。
半年から1年半程で自然と痛みが軽くなっていきますが、痛みが出ている間にあまり肩を動かさずにいることで肩が動かしにくくなる場合があります。

五十肩は急性期と慢性期で大まかに区分され、症状がそれぞれ異なります。

1 急性期

ある日突然、腕を動かした際に肩周りに鋭い痛みが出るのが五十肩の典型的な発症例です。
殆どの場合は左右一方の肩に症状があらわれます。
その後、肩を動かす時に痛みが腕へ伝わるようになったり夜に眠れない程の痛みが生じたりすることも特徴です。
これは肩関節の炎症によるもので、急激な痛みは一週間前後で大体は治まります。

2 慢性期

急性期の痛みが治まっていくと、鋭い痛み→鈍い痛みに変化し、肩を動かせる範囲がだんだん狭くなっていく場合があります。
特に肩を上げたり、後ろに回したりする動き(髪を結んだり、エプロンを着たりする動き)が困難になります。
痛みの為、肩の筋肉を動かさないでいると、組織の癒着が起こり、更に動かなくなって治癒が長引いてしまいます。

五十肩の治療は?

基本的に急性期には、無理に肩を動かさないようにし、運動など痛みをともなう動作は極力避けます。
急性期の鍼灸治療では疼痛の緩和と肩関節の拘縮予防を目的に行っていきます。
慢性期への移行期間から慢性期では逆に、日常動作を積極的に行います。
慢性期の鍼灸治療では主に慢性期の固まってしまった肩関節の組織や筋肉の血流を良くすることで柔軟性を出し、日常動作を行い易くするお手伝いをしていきます。

このように急性期から慢性期に至り回復していくまでに治療法が変化していくので、見極めが重要になります。
患者さんの日々の体調や筋肉などの状態に応じて、無理なく治療を行っていきますので、ご安心下さい。